【2020年】ミニマリストにおすすめの完全ワイヤレスイヤホン8選【シンプル】

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

ミニマリストにおすすめの完全ワイヤレスイヤホンが知りたい。
シンプルな完全ワイヤレスイヤホンってどう選べばいいんだろう?

こんな方に役立つ記事です。

どうも、みやの(@miyanominimal)です。

通勤時、カフェで作業する時、散歩時など、ワイヤレスイヤホンがあるとスマートに音楽が聴けますよね。

「でも、ぶっちゃけワイヤレスイヤホンの選び方がよくわからない」

という悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

ということで本記事では、アラサーミニマリストの僕が、ミニマリストにおすすめのワイヤレスイヤホンとその選び方をお伝えしていきます。

※選び方などの読み物は飛ばして、さっさとおすすめのワイヤレスイヤホンが知りたい方は、以下をクリックするとジャンプします。

目次

ミニマリスト向け完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント

ポイント

まずは完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイントや、基礎知識をおさえておきましょう。

みやののアイコン画像みやの

ワイヤレスイヤホンはたくさん種類があるので、ここを理解した方が選びやすいです。

ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント
  1. シンプルなデザインと色
  2. ノイズキャンセリング
  3. 防水性
  4. 充電ポート
  5. ある程度信頼できるメーカーのもの

①シンプルなデザインと色

まずはシンプルなデザインや色の物を選ぶのがおすすめです。

みやののアイコン画像みやの

まあこれは好みの問題ですけどね。

派手なやつでもいいと思いますが、大事なのは飽きずに使い続けることなので、買う際は意識されてみて下さい。

本記事では、出来るだけ単色使いで、黒白がラインナップされているイヤホンを中心にピックアップしています。

みやののアイコン画像みやの

ケースの大きさや重さにも注目してピックアップしています。

②ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング機能のあるイヤホンを選べば、周りの騒音を低減してくれるので音や作業に集中することができます。

  • カフェ作業
  • 電車や飛行機での移動中

など、周りの会話や雑音って結構ストレスになりますよね。

ノイズキャンセリングを使えば、そういった雑音を気にしなくて済みます。

ただし、ノイズキャンセリング機能の付いた商品は徐々に増えてきたものの、選択肢はそこまで多くなく、価格も2~3万円台になってきます

2020年後半になって、1万円台でノイズキャンセリング機能付きイヤホンも登場してきました。

 →ノイズキャンセリングのおすすめに飛ぶ

③防水性

ジムでのトレーニングやランニングで使う予定のある人は、防水性もチェックしておきましょう。

防水性能はIPというコードで表されます。

防水防塵性能

ワイヤレスイヤホンの場合は防塵性能が省略されて、「IPX〇」という表記になることが多いです。

等級保護の程度
IPX0特に保護がされていない
IPX1鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX4あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
IPX5あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX6あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX7一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない
IPX8継続的に水没しても内部に浸水することがない
(引用:wikipedia

IPX4以上なら、汗や雨でも気にせずに使うことができそうですね。

④充電ポート

充電ポートも確認しておくのがおすすめ。

みやののアイコン画像みやの

手持ちのデバイスに合わせるのが基本ですね。

android派はUSB-Cポートのイヤホンを選ぶと、充電ケーブルが統一しやすいです。

iPhone派の人はLightningポートのイヤホンを選ぶといいですね。

→ iPhone派のおすすめに飛ぶ

みやののアイコン画像みやの

ワイヤレス充電環境の人はQi対応を選ぶのもいいですね。

⑤ある程度信頼できるメーカーのもの

ある程度信頼できるメーカーのものを選ぶのもポイントです。

amazonを見るとメーカー名も書いていないような、よくわからんイヤホンもたくさん出品されています。

しかし、公称スペック通りではなかったり、作りが雑だっり、というレビューもよく見かけますよね。

実際、ワイヤレスイヤホン関連の発火・発煙等の事故も年々増えているんです。

消費者庁でも「製造事業者、輸入事業者や販売物が確かな製品を購入する」ように注意喚起しています。
(出典:消費者庁

みやののアイコン画像みやの

少なくとも、国内の問い合わせ先がハッキリしているメーカーがいいですね。

以上が、ワイヤレスイヤホンを選ぶうえで大切なポイントです。

ここからは、Apple派、ノイキャン派、コスパ重視派(1万円以下)の3つに分類しておすすめのワイヤレスイヤホンを紹介していきます。

Apple派ミニマリストにおすすめのワイヤレスイヤホン

ここでは、Apple派におすすめのワイヤレスイヤホンを紹介します。

iPhoneを使っているならLightning端子で充電できるますし、操作性においても相性がいいので、鉄板ではありますが以下から選ぶのがおすすめです。

商品メーカー重量再生時間
(単体)
再生時間
(ケース込)
NC防水充電こんな人におすすめ
AirPods ProAppleイヤホン:5.4×2g
ケース:45.6g
4.5h(NCオン)
5h(NCオフ)
24hIPX4Lightning
Qi
NC欲しい人
AirPods(第2世代)Appleイヤホン:4×2g
ケース:40g
5h24h×記載なしLightning
Qi(ケースによる)
NCいらない人

※NC:ノイズキャンセリング機能

AirPods Pro|Apple

まずは2019年10月に発売されたAirPods Proを紹介します。

(引用:amazon

ノイズキャンセリング機能付きのカナル型イヤホンです。

みやののアイコン画像みやの

紹介するまでもない名商品ですね。

重量は片耳5.4gとそこそこ軽く、ケースもシンプルなデザインです。

(引用:amazon

再生時間はノイズキャンセリングON時で4.5時間とやや短めですが、カフェや通勤時に聞く分には十分です。

最低限の防水性能(IPX4)もあり、ワイヤレス充電にも対応しています。

外音取り込み機能もあるので、コンビニの会計などもイヤホンをしたまま聞き取ることができます。

接続も操作もiPhoneと相性がいいので、3万円程度という価格が許容できるのであればiPhoneユーザーはこれ一択ではないでしょうか。

AirPods(第2世代)|Apple

ノイズキャンセリング機能がいらない人AirPodsがおすすめです。

(引用:amazon

Proとの違いは以下の通り。

Proとの違い
  • ノイズキャンセリング機能なし
  • Proより小型軽量
  • インナーイヤー型
  • 防水非対応
  • 外音取り込み機能なし
  • 価格

AirPodsは耳のふちにひっかけて装着するタイプのインナーイヤー型のイヤホンです。

Proよりも一回りコンパクトで、価格も数千円安くなっています。

(引用:amazon

ただ、防水性や外音取り込み機能もないので、ハードに使う方はProを買った方が使い勝手がいいと思います。

通常ケースと、ワイヤレス充電対応ケースの2種類があり、充電環境によって選択できます。

みやののアイコン画像みやの

軽さと価格を重視する人はこちらがおすすめです。

ノイキャン派ミニマリストにおすすめのワイヤレスイヤホン

ここでは、ノイキャン派におすすめのワイヤレスイヤホンを紹介します。

2020年後半以降、ノイキャンの選択肢も増えてきておりミドル~低価格帯の商品も登場してきました。

商品メーカー重量再生時間
(単体)
再生時間
(ケース込)
防水ポートコーデックこんな人におすすめ
MOMENTUM True Wireless 2ゼンハイザーイヤホン:6×2g
ケース:58g
7h21hIPX4USB-CSBC/AAC/aptX大きさやデザインよりも
とにかく音質重視の人
QuietComfort EarbudsBOSEイヤホン:8.5g×26h18hIPX4USB-CSBC/AACノイキャン力重視の人
ATH-CKR70TWオーディオテクニカイヤホン:5g×2
ケース:43g
7h20hIPX4USB-CSBC/AAC/aptXちょうどいいノイキャンイヤホンが欲しい人
HA-A50TJVCイヤホン:7.1g×2
ケース:62g
8h(NCON時:6h)32h(NCON時:24h)IPX4USB-CSBC/AACコスパ重視の人

MOMENTUM True Wireless 2|ゼンハイザー

音質重視の人向けに、ゼンハイザーのMOMENTUM True Wireless 2を紹介します。

(引用:amazon
みやののアイコン画像みやの

シンプルさや軽さよりもとにかく音質!という人におすすめ

こちらは、2020年4月に発売されたの音響機器で有名なゼンハイザーのワイヤレスイヤホン。

重量は片耳6gとノイキャン付きにしては軽いです。

ケースは布っぽい質感になっており、ここは好みが分かれそうなデザインだと思います。

(引用:amazon

白黒の2色展開ですね。

最大の特長は、ゼンハイザーブランドの高音質

ガジェット系YouTuberの中でも絶賛されているので音質は間違いないかなと思います。

ノイズキャンセリング機能は音楽を快適に聞くための位置づけで、他メーカーに比べるとそこまで強くないということです。

防水性能はIPX4で、軽い運動や雨なら大丈夫

外音取り込み機能もあり、タッチ操作のカスタマイズもできるので機能性も十分ですね。

バッテリーも単体で7時間持つので普段使いには十分足ります。

ワイヤレス充電には対応していませんが、充電ポートはUSB-Cなので汎用性があります。

みやののアイコン画像みやの

ただ、価格が3万5千円を超えるので、このファブリック素材のデザインが好きで、とにかく価格より音質重視という人向けですね。

口コミ
  • 慣らし・エージングが進んだのか、更に音楽に厚みも出てきて当初よりも感動するくらい聴きやすくなりました。幅が出た、という表現が適切でしょうか。Airpods proとは音楽再生において、かなりの差を感じます。これは凄い。

QuietComfort Earbuds|BOSE

ノイキャン力を重視している人は、BOSEのQuietComfort Earbudsがおすすめです。

QuietComfort Earbuds|BOSE
(引用:amazon

こちらは、2020年10月に発売された音響機器で有名なBOSEの完全ワイヤレスイヤホン。

ケースとイヤホン本体は単色でシンプルなデザイン。

QuietComfort Earbuds|BOSE
(引用:amazon

ただ、重量は片耳8.5gと少し重く、ケースも大きめなのでそこは好みが分かれるかもしれません。素材の関係でやや重めの印象。

カラーは白黒の2色展開ですね。

BOSEの音質もさることながら、最大の特長はノイズキャンセリングのパワーで、ノイキャン力に定評のあるAirpods Proよりも強いというレビューも見かけます。

みやののアイコン画像みやの

とにかく静かさ重視の人にはおすすめです。

アプリでノイズキャンセリングのレベルも調整できるのもいいですね。

防水性能はIPX4で、軽い運動や雨なら大丈夫

タッチ操作ができて、外音取り込み機能もあるので機能性も十分ですね。

ワイヤレス充電に対応しているのも嬉しいポイント。

みやののアイコン画像みやの

ただ、価格が3万円を超えるので、シンプルで高級感のあるものを大切に使いたい!という人向けですね。

ATH-CKR70TW|オーディオテクニカ

ノイキャンや音質は欲しいけど、コスパも意識したい、というバランス派の人におススメなのが、オーディオテクニカのATH-CKR70TWです。

(引用:amazon

こちらは、2020年11月に発売された音響機器で有名なオーディオテクニカの完全ワイヤレスイヤホン。

最大の特徴は、ノイズキャンセリング、コーデック3種対応、物理ボタン+タッチセンサー、外音取り込み、単体7時間再生、IPX4の防水と必要十分な機能を備えていつつ、Amazonでの価格が2万円を切っているところ。

みやののアイコン画像みやの

これまでノイキャンイヤホンと言えば2万円以上は常識だったことを考えるとコスパいいですね。

ケースとイヤホン本体は単色でシンプルなデザインで、光沢感もあってかっこいいですね。

(引用:amazon

高級感はありつつ本体やケースのサイズはそこそこコンパクトなのでミニマリスト的にはうれしいです。

カラーはのブラックとベージュゴールドの2色展開です。

ノイズキャンセリング機能は音質を下げない程度(300Hz以下の低音のみカット)なので、とにかく静けさ重視の人には向かないかもしれません。

防水性能はIPX4で、軽い運動や雨なら大丈夫

タッチ操作+物理ボタンで操作ができて、外音取り込み機能もあるので機能性も十分ですね。

バッテリーも単体7時間と普段使いには十分足ります。

ワイヤレス充電には対応していませんが、充電ポートはUSB-Cなので汎用性があります。

一通りの機能が揃っていてシンプルなデザインで価格が2万円を切るというのはかなりコスパ良いと思います。

みやののアイコン画像みやの

ノイキャン付きで、音質もそこそこ大事だけど、3万円とかは出せない!という方にはおすすめです。

HA-A50T|JVC

ノイキャン派だけどとにかく価格重視!という人におすすめなのが、JVCのHA-A50Tです。

HA-A50T
(引用:amazon

こちらは、2020年11月に発売された日本のメーカーJVCの完全ワイヤレスイヤホン。

最大の特長は何といってもノイキャン付きで1万円を切る圧倒的なコスパです。

みやののアイコン画像みやの

ついにノイキャンも1万切るようになったか…という印象。

ケースや本体は高級感こそ感じませんが、単色でシンプルなデザイン。

HA-A50T
(引用:amazon

重量は片耳7.1gとやや重め、ケースも62gでやや大きめですが、価格を考えると妥協できる部分だと思います。

色はブラック、トープ(白)、ブルーの3色展開ですね。

防水性能はIPX4で、軽い運動や雨なら大丈夫

タッチ操作ができて、外音取り込み機能もあるので機能性も十分ですね。

バッテリーもノイズキャンセリングオン時でも6時間持つので普段使いには十分足ります。

ワイヤレス充電には対応していませんが、充電ポートはUSB-Cなので汎用性があります。

口コミを見ると、音質は価格なりだけれどもノイキャンはしっかり効いているという印象です。

みやののアイコン画像みやの

ノイズキャンセリング機能付きで、音質はこだわっていなくてとにかく価格重視ならおすすめです。

コスパ重視派(1万円以下)ミニマリストにおすすめのワイヤレスイヤホン

ここでは、1万円以下のコスパ重視派におすすめのワイヤレスイヤホンを紹介します。

選択肢は沢山ありますが、その中でもシンプルさと機能性のバランスを重視してピックアップしてみました。

商品メーカー重量再生時間
(単体)
再生時間
(ケース込)
防水ポートコーデックこんな人におすすめ
Soundcore Liberty Air 2Ankerケース込:53g7h28hIPX5USB-CSBC/AAC/aptXコスパ重視ならこれ
TW-E3BYAMAHA片耳:5g6h24hIPX5USB-CSBC/AAC/aptX音質重視の人

Soundcore Liberty Air 2|Anker

コスパ重視派にまずおすすめなのが、AnkerのSoundcore Liberty Air 2です。

(引用:amazon
みやののアイコン画像みやの

1万円以下ならかなり定番商品かと思います。

こちらは、2019年11月に発売されたAnkerの完全ワイヤレスイヤホン。

最大の特長はその機能性。

(引用:amazon

単体7時間再生、ワイヤレス充電対応、通話品質〇、音質もそこそこ、aptX対応、IPX5の防水で汗や雨もOK、タップ操作カスタマイズ可能と、この価格帯にしては機能モリモリです。

外音取り込みやノイズキャンセリングは付いていませんが、十分でしょう。

また、ケース込で53gという軽さも魅力ですし、マッドでシンプルなケースは安っぽくは見えません。

(引用:amazon

AirPodsの代わりに買うならこれですね。

また、安いイヤホンにありがちなよくわからんメーカーではなく、充電器で実績のあるAnker製というのも安心です。

TW-E3B|YAMAHA

コスパも大事だけど音質も重視したい!という人はYAMAHAのTW-E3Bがおすすめです。

(引用:amazon

YAMAHAと言えば日本を代表するオーディオメーカーで、完全ワイヤレスイヤホンでも音質には定評があります。

こちらは2020年11月に発売された完全ワイヤレスイヤホンです。

バッテリー、コーデック、防水性能は上記のAnker製品とスペック上そこまで変わりません。

最大の特徴は、音量に応じて音のバランスを最適化してくれるヤマハの独自技術『リスニングケア』が搭載されていること。

(引用:amazon

音響メーカーだけあって音質もレビューで高評価を得ています。

もちろんケースやデザインもシンプルでカラーバリエーションも豊富です。

(引用:amazon

色使いも単色ですし、ミニマリストにピッタリだと思います。

【2020年】ミニマリストにおすすめの完全ワイヤレスイヤホン8選【シンプル】|まとめ

ということで、ミニマリストにおすすめのワイヤレスイヤホンと、その選び方をお伝えしました。

いろいろ紹介しましたが、別にイヤホンに正解があるわけでもないです。

なので、一番大事なのは「あなたなりに納得した上で決める」ことだと思います。

みやののアイコン画像みやの

使い方やライフスタイルによっても変わってきますしね。

そのためにも、この記事や考え方を参考にあなたの中で基準を作って選んでいただければと思います。

本記事が、愛用品選びの参考になれば幸いです。

以上、みやの(@miyanominimal)でした。

みやのの全持ち物まとめ
アラサー男ミニマリストの全持ち物公開

僕が所有している全ての持ち物(日用品等も含む)と所持理由、併せておすすめしたいアイテムなどを写真付きでゆるーく紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる